手作りキャットフードにも使えるクランベリー

猫の健康を考える最近は添加物や化学物質の入っていない、手作りキャットフードを活用する人が増えています。クランベリーはこうした手作りキャットフードにも活用できる食材でもあるのです。クランベリーは主に尿に関する疾患への効果が注目されがちですが、これ以外にも眼精疲労に効果のあるアントシアニンや、整腸作用のある食物繊維も豊富に含まれています。尿トラブルのケアだけでなく、アントシアニンや食物繊維を手作りキャットフードにプラスする為にも活用できます。

また、キャットフードとして加工しなくても、おやつとしてそのままあげる事も可能です。猫によっては、ブルーベリー等のベリー系のフルーツを好む猫もいるため、そうした猫のおやつにもおすすめです。

手作りキャットフードや、おやつとしてクランベリーを活用する場合は、ペット用として販売されている物を使うようにして下さい。クランベリーは主にジュースやドライフルーツとして販売されている事が多い食材ですが、人間用の物の中には猫にとって好ましくない成分が入っている事もあります。購入の際は猫が食べても問題がないか、成分を確認してから購入して下さい。

ペット用として販売されているクランベリーの中には、ペット用のドライフルーツとして販売されている物があります。クランベリーは傷みやすい食材なので、ドライフルーツとして加工されている物の方が簡単に管理できます。ペット用ドライフルーツなら砂糖を使わずに作られている他、ペットが食べやすいサイズに加工されている物も多いので、おすすめです。

クランベリー配合のキャットフードはどんな猫に向いているか

猫の膀胱炎や尿路結石は様々な理由が原因で起こる病気です。改善や予防に頭を悩ませる飼い主さんもたくさんいます。そんな猫の尿に関する疾患の予防や改善に役立つのが、クランベリー配合のキャットフードです。

クランベリーには尿路の殺菌や結石が出来るのを防止する効果があり、猫の尿トラブルに関するサプリやキャットフードに配合されている事があります。主に尿を酸性にする事で効果を現すハーブであるため、膀胱炎になっている猫や、膀胱炎になりやすい猫に効果があります。

尿路結石の方でクランベリー配合のキャットフードを使用する際は、結石の種類に注意が必要です。猫の結石にはアルカリ性の物質が原因のストルバイト結石と、酸性の物質が原因のシュウ酸カルシウム結石の2種類の結石が存在しています。クランベリーの効果があるのはアルカリ性のストルバイト結石の方です。クランベリー配合のキャットフードを上げる前に、猫の尿のpH値をチェックしておきましょう。

猫の尿の状態は猫用の尿検査キットで調べるか、獣医さんで相談すれば調べてもらう事が出来ます。猫の尿を調べてアルカリに近い場合は、クランベリー配合のキャットフードをあげるようにすると、尿路結石の予防や改善に役立てる事が出来ます。

クランベリー配合キャットフードの効果

猫の健康最近のキャットフードは猫の年齢や抱えている疾患に合わせた物が販売されております。キャットフードの特徴や成分を調べてみると、人にも使用される成分やハーブが入っている事もあり、疑問に思う方も多いでしょう。

日本では健康食品やフルーツとして販売されているクランベリーもその一つです。クランベリーは膀胱炎等の尿の関係している疾患を抱えた猫向けのキャットフードに配合されている事が多い食材となっています。クランベリーはコケモモの事で、赤色の酸っぱい木の実です。ヨーロッパやアメリカではジャムやジュースとして親しまれています。クランベリーにはクエン酸やポリフェノール、キナ酸といった成分が含まれています。クエン酸は腎臓の機能を高め、利尿作用があります。膀胱炎や尿結石の予防や治療には定期的に排尿する事が有効になります。この他、クランベリーに含まれているポリフェノールやキナ酸には尿路に細菌が湧く事を防ぐ効果があるのです。

猫の尿に関係する疾患は、内臓機能の衰えや細菌感染等の様々な理由で起きる為、多くの猫がかかる病気の一つです。また、治療をしっかり行っていないと慢性化してしまう事もある疾患でもあります。クランベリーはこうした猫の尿に関するトラブルの予防や治療の手助けをしてくれる成分なのです。

クランベリー配合キャットフードの違いとは

最近は猫の疾患に合わせたキャットフードがたくさん販売されています。専門店に行って、どれを買ったらいいか頭を悩ませている人も少なくありません。猫の疾患予防効果を期待して配合される成分の一つに、クランベリーがあります。日本ではあまりなじみのないベリーですが、外国ではよく食べられている食材の一つです。

クランベリーには尿に関わるトラブルを予防・改善を手助けする効果があります。その為、クランベリーが配合されているキャットフードは、他のキャットフードに比べてこうしたトラブルを抱えている猫に向いています。飼い猫が膀胱炎や尿路結石にかかっている場合や、かかりやすい場合はクランベリー配合のキャットフードを与えると、予防や症状の改善に役立てる事が出来るのです。クランベリーは昔から親しまれていたポピュラーな食材なため、科学的な成分が配合されている物だと心配な方でも安心して使用する事が出来ます。

クランベリー配合のキャットフードを探す場合、スーパーやホームセンターよりもペットショップやネット通販の方が手に入りやすいといえます。この他、尿に関係する疾患を抱えている猫用のキャットフードとして、獣医さんから購入する事も出来ます。また、クランベリーは猫の尿疾患用のサプリメントにも使われている事があります。獣医さんで販売されているサプリメントもありますので、どうしてもクランベリー配合のキャットフードが見つからなかった時は、こうしたサプリメントを普段食べさせているキャットフードに混ぜるのもおすすめです。