手作りキャットフードにも使えるクランベリー

猫の健康を考える最近は添加物や化学物質の入っていない、手作りキャットフードを活用する人が増えています。クランベリーはこうした手作りキャットフードにも活用できる食材でもあるのです。クランベリーは主に尿に関する疾患への効果が注目されがちですが、これ以外にも眼精疲労に効果のあるアントシアニンや、整腸作用のある食物繊維も豊富に含まれています。尿トラブルのケアだけでなく、アントシアニンや食物繊維を手作りキャットフードにプラスする為にも活用できます。

また、キャットフードとして加工しなくても、おやつとしてそのままあげる事も可能です。猫によっては、ブルーベリー等のベリー系のフルーツを好む猫もいるため、そうした猫のおやつにもおすすめです。

手作りキャットフードや、おやつとしてクランベリーを活用する場合は、ペット用として販売されている物を使うようにして下さい。クランベリーは主にジュースやドライフルーツとして販売されている事が多い食材ですが、人間用の物の中には猫にとって好ましくない成分が入っている事もあります。購入の際は猫が食べても問題がないか、成分を確認してから購入して下さい。

ペット用として販売されているクランベリーの中には、ペット用のドライフルーツとして販売されている物があります。クランベリーは傷みやすい食材なので、ドライフルーツとして加工されている物の方が簡単に管理できます。ペット用ドライフルーツなら砂糖を使わずに作られている他、ペットが食べやすいサイズに加工されている物も多いので、おすすめです。