クランベリー配合キャットフードの効果

猫の健康最近のキャットフードは猫の年齢や抱えている疾患に合わせた物が販売されております。キャットフードの特徴や成分を調べてみると、人にも使用される成分やハーブが入っている事もあり、疑問に思う方も多いでしょう。

日本では健康食品やフルーツとして販売されているクランベリーもその一つです。クランベリーは膀胱炎等の尿の関係している疾患を抱えた猫向けのキャットフードに配合されている事が多い食材となっています。クランベリーはコケモモの事で、赤色の酸っぱい木の実です。ヨーロッパやアメリカではジャムやジュースとして親しまれています。クランベリーにはクエン酸やポリフェノール、キナ酸といった成分が含まれています。クエン酸は腎臓の機能を高め、利尿作用があります。膀胱炎や尿結石の予防や治療には定期的に排尿する事が有効になります。この他、クランベリーに含まれているポリフェノールやキナ酸には尿路に細菌が湧く事を防ぐ効果があるのです。

猫の尿に関係する疾患は、内臓機能の衰えや細菌感染等の様々な理由で起きる為、多くの猫がかかる病気の一つです。また、治療をしっかり行っていないと慢性化してしまう事もある疾患でもあります。クランベリーはこうした猫の尿に関するトラブルの予防や治療の手助けをしてくれる成分なのです。